りずろぐ。

ぬるくやわらかく

【Part2】Amazonのほしいものリストからお誕生日プレゼントをいただいたよって話リターンズ!

 

昨日、家に帰ってポストを見たら、Amazonさんからのお届けものが来ていたのです。

初音りず宛で。

 

……や、ごめん。本当は何日か前に届いていたはずなの。

ただ、あれなんだわ。

ハンドルネームだと郵便が届かなかったんだわ(ノ∀`)

 

ポストに葉書が入ってて、「おう、初音りずっちゅーのはここに住んどるんか?ほんまか?ほんまやったらここに判子押して送り返しぃや」的なことが書いてあったの。関西弁がガバガバすぎて関西の人に引っぱたかれそうだけど許してやで><

 

そういうわけで遅くなってしまったんだけど、昨日無事に受け取ったよー!

 

ええ。「初音りず」宛でお荷物が届くということは即ち、ほしい物リストからプレゼントを送っていただいたということに他ならないのです(*゚▽゚*)

 

わーーーーーい♡♡♡

ありがとーーーーー♡♡♡

 

 

して、今回いただいたのはこちら!٩(。•ω•。)و

 
f:id:lizune:20170714221428j:image

 

小川洋子さんの文庫本「猫を抱いて象と泳ぐ」!!

よ、よ、読みたかったやつだーーーーー(*゚▽゚*)

 

(ぁ、外装の写真はまた撮るのを忘れました。学習しない27歳児)

 

小川洋子さんの作品、大好きなの♡

博士の愛した数式」なんかは映画化もされたからご存知の方も多いんじゃないかと思う!

 

初めて読んだのは中学生のときで「薬指の標本」だったんだけど、それ以来ずっとファンなのです♡

とても繊細で、うっとりするくらい美しい情景が思い浮かぶような描写なんだけど、合間合間にものすごい毒を含んだパンチが来るのよね。残酷だったり、グロテスクだったり。

あるいは元々内容が残酷なものでも、それを感じさせないような書き方だったり……「妊娠カレンダー」とか文章は綺麗だけど普通に怖いよね。゜(゜∩´﹏`∩゜)゜。

 

最近の著作はほとんど読めてなかったから、本当に嬉しい♡はよ読みたい♡

 

 

「で、誰がくれたの?」とお思いでしょう(2回目)

それがね、わからないの(´・_・`)

今回はメッセージはおろか、納品書的なものすら入ってなくて……

 

一瞬「おっ、千葉県の方かな?」と思ったけど、それはAmazonの倉庫の場所だってニシオカさんのところで読んだことを思い出した。

www.maskednishioka.com

 

でもすごい気になるー……誰がくれたのかわからないと何てお礼をしたらいいのかわからない……

いつも絡んでくださってる方ですか?それとも面識はない方ですか?っていうか本当に私のブログを読んでくれてる方なんですか?Amazonさんがなんか間違って送っちゃったとかじゃないですか?(疑心暗鬼)

 

「あんまり大っぴらにされるのはちょっと……」って方だったら、TwitterのDMででもこっそり教えていただければと思います><差し支えがなければで結構ですが><

 

どなたにもお名乗りいただけなかったら、私が勝手に「夏のサンタさん」とお呼びすることにするヾ(・ω・`)♡

 

 

というわけで……

夏のサンタさん、ありがとうございます(´;ω;`)♡

最初にポストを見たときはめっちゃびっくりしたし、とっても嬉しかったです!

いただいた本、大切に読ませていただきます(*´ω`*)

本当にありがとうございます♡♡

 

 

そして、ほしい物リストを公開するにあたって新しいアカウントを作成される方につきましては、ハンドルネームで登録した場合、クロネコさんは届けてくれるけど日本郵政さんは届けてくれないからお気を付けあそばせヾ(・д・` )

 

 

しかし……今回本をいただいたということは、書評を書いてアップするべきなのでは……?

 

 

……

 

 

( ˘ω˘ ) スヤァ…

 

 

 

 

 

 Part1はこちら。

lizune.hatenablog.com