読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りずろぐ。

ぬるくやわらかく

痴漢に遭っても抗えない……だから対策をするのです!

 

f:id:lizune:20170426223846j:plain

 

朝、いつもより一本早い急行に乗ったら地獄を見た。

 

いやー、私が毎日乗っているものを「満員電車」と呼ぶものだと思ってたけど、甘かったみたい。

いつもはかろうじてスマホを見る余裕くらいはあるんだけど、それすらなかったもん。

本当に全く身動き取れないんだね……イッツ・ジャパニーズ・スシヅメ><

 

 

で、遭った。痴漢

 

あのさあ!!!もう本当さあ!!!!ぶっこぉすぞ!!!!!!

 

f:id:lizune:20170426204025j:plain

 

なんなの!!ただでさえテンションが低い朝に、他人に四方をゼロ距離で囲まれて、その上人の大事なおケツを勝手になでなでされるなんて!!!

しゅごい!!!ストレスしゅごい!!!

 

あとさぁ!!!頼むからおケツの割れ目に手を突っ込むのはやめてよ!!!「やだっ……やめて……////」っていうより、もう単純に不快だから!!!てめえのケツにもおぱんつ喰い込ませてやろうか!!!!!!

 

 

……って、今は半ギレで書いてるけどさ。

実際その場ではなにもできなかったよ……ただされるがまま……くっ殺せ……!><

f:id:lizune:20170426205731j:plain

 

ちなみに、痴漢に遭うのは人生で二度目。

幸い今まで満員電車に乗る生活をしてこなかったからね。

前回痴漢に遭ったときは、スカートに見えるけど実はショートパンツっていう代物を穿いていたので、痴漢さんが困惑しながらもにょもにょしてるのを「ざまあwwwwww」って思いながらやり過ごしてた。

 

しかし、今回は普通にスカートだったのでね。

敢え無くおぱんつへの接触を許してしまうという隙の甘さを露呈してしまったわけで。

 

 

けどさー、痴漢に遭ってみて思ったけど、抵抗するのも意外と難しいものなんだね。

 

まずさ、あの人たちって最初はそろーりそろーり触ってくるじゃない?

そうすると、自分が痴漢に遭ってるのか、たまたま誰かの手や荷物が当たっちゃってるだけなのかがわからない

痴漢じゃないならむしろこんな尻を押し付けてしまって申し訳ないところだし……

 

で、そのうち「あっこれ確実に痴漢だわ」ってわかったのはいいんだけど、そこからどうもできないのよね。

「こいつ思いっきり手首掴んで爪立てたろか」って思ったけど、如何せんこの人混み……うっかり違う人の手を掴んでしまったら……って思っちゃって。

 

男性にとっては痴漢冤罪ってかなり恐れてるものだと思うんだけど、「もしかしたら自分が加害者になってしまうかも……」っていう意味では、女性にとっても恐怖だね……

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

 

せめてもの抵抗で振り返ってみたけど、明らかにこいつだ!っていうところまではわからなかった。

一番怪しかったのは、左後ろに立って本を持ってた人。左側から来てるなっていうのはわかってたし。

「えっ?僕ずっとこうやって読書してましたけど?」みたいなツラしやがってよぉ!ふざけんなよ!ぶっこぉすぞ!(二回目)

 

で、結局降りるまでそのまま。

降りるときに絶対そのツラを拝んでやろうと思ったけど、人混みに押されて見失ってしまった……

結果的には泣き寝入りってことだね。

 

 

まあ、でも、いいさ。

今回は油断してた私も悪かった。そう思っておくことにする><

 

だから今後の対策を考えるのです!

せいぞーんせんりゃくーーーー!!

 

f:id:lizune:20170426225308j:plain

 

 まず、満員電車に乗らない。これ一番。

今回は「たまにはちょっと早めに着いてみようかしら」なんて思って急行に乗ったのが失敗だった。

少しでも空いてる電車に合わせたら、きっと遭遇確率は減る……はず><

 

次。ストッキングを穿く

本当はスカートを穿かなきゃいいんでしょうけど、持ってる服の9割がスカートの私にはそれはちょっと厳しい。

それに、やっぱりお洋服は好きなものを着たいじゃない!何を着てるかって一日のモチベーションに関わってくるでしょー。痴漢が嫌だからって服の系統を変えたくないもの><

だからストッキングでバリアを張るのです!

まあ相手がパンスト大好きマンだったら……それはそのとき考えましょう。

 

そして、もし遭ってしまったらちゃんと抵抗する

腕を掴んで「この人痴漢です!!」って言うのはいろんな意味で勇気がいるし、やっぱり万が一違う人だったらってことも考えてしまうけれども。

押し返すとか、手を払うとか、それくらいのことだったらできるかなーって。

もし違う人だったとしても、ギリ許されるラインじゃないかな(不快に思うのは確かだけどね……そこは申し訳ないけど許してもらおう)。

 

 

結局は自分で身を守るしかないのよね。

だってさ、実際どうやったって痴漢はいなくならないじゃん。

決して痴漢は許されることではないけれども、諦めるしかないところもあるじゃん。

 

だからもう、少しでも自分が痴漢に合わないように努力するしかないよね><

 

 

けどさー、私は満員電車に乗る生活が始まってからまだひと月も経ってないのに、痴漢に遭遇したわけじゃない?

ってことは、通勤通学で何年も毎日満員電車に乗ってる女性たちは、相当な数の被害に遭ってるんじゃないかな……><

 

とはいえ、大半の男性はそんなことはしないと私は信じているのですよ。

つまり、一部の痴漢野郎が毎日せっせと痴漢行為を働いているってことになるのでは……?

こわい。変態の情熱こわい。

 

 

まあ痴漢が悪であるのは確かなんだけど、そもそもやっぱり一番悪いのは満員電車という環境だと思うのよね。

満員電車さえなくなればすべて解決!おーるおっけい!

ただしそのための手段は……知らぬ><

 

 

 

 

 

その他電車の話はこちら。

lizune.hatenablog.com

 

 

その他変態の話はこちら。

lizune.hatenablog.com