りずろぐ。

ぬるくやわらかく

ぽょちゃんと行く日帰り牛久の旅~牛久大仏が衝撃的すぎる件~

 

そうだ 茨城、行こう。

理由なく有給を取った日の過ごし方には迷う。

皆が働いている時間に家でだらだらする優越感に浸るのもやぶさかではない。けれどせっかくの平日休み。土日だと混雑で敬遠しがちな場所に行くチャンスでもある。

普段だったら我が聖地であり半分実家(言い過ぎ)でもあるサンリオピューロランドに行くところだけれど、ピューロには翌週に新イベントが始まったら行く予定だし、どうしたものか……

 

……

 

牛久大仏でも見に行くか( ˘ω˘ )

 

そんなこんなでやってきました茨城県牛久市。
f:id:lizune:20190317001139j:image

上野駅から常磐線に揺られること約一時間。

牛久駅に降り立ちまずびっくり。老人しかいない。バス停に行ってさらにびっくり。牛久大仏行きのバスが一時間に一本しかない。なんなんだここは……(´・ω・`)

仕方ないので30分ほど駅前のベンチで過ごす。このベンチのデザインは何なんだろう、ネジ……?
f:id:lizune:20190317001206j:image

 

いざ牛久大仏へ

やっとこバスに乗車。牛久駅から牛久大仏まではバスで約30分。市街地を抜けたあとはひたすら何もない道を行くのみ。明らかに何もない場所なのにバス停の名前が「第七東宝ランド」だったりして、ここは一体何なんだ……?と驚くなど。(※住宅地の名称だそうです)

そしてバスに乗っている間にも、時々木々の隙間、というか木々の上から大仏様の頭部が見えてる。どんだけ大きいの……:(´◦ω◦`):

 

と、戦々恐々しているうちに着いた。

拝観料を支払い、いざ大仏様の身許へ向かうと……

 

\ドンッ!/
f:id:lizune:20190317001302j:image

 

\ドンッッ!!/
f:id:lizune:20190317001318j:image

 

\ドンッッッ!!!/
f:id:lizune:20190317001353j:image

 

((((;゚Д゚)))))))

 

大きすぎわろた!大きすぎわろた!なにこれこわい!!!!!

その高さ、なんと全長120mですって!なにそれこわい!GANTZだったら大変なことやぞ!!!

GANTZ 大仏 - Google 検索

 

こちらが大仏様の螺髪……あのパンチパーマ的な部分のひとつ(罰当たりな表現)。これが480個も付いてるんだからすごいことよねぇヾ(・ω・`)
f:id:lizune:20190317001438j:image

 

ちなみに牛久大仏は、世界一高い青銅製立像としてギネスブックに登録されているのだそうな。

あの有名な奈良の大仏は牛久大仏の手のひらに乗ってしまう程なんですって。なお総重量は4000トンとのこと。

これにはぽょちゃんもちょっと怯えてる……(´・ω・`)
f:id:lizune:20190317004340j:image

 

牛久大仏の胎内

外観だけで十分すぎるほどの衝撃を受けつつも、胎内へお邪魔することに。

お靴を脱いで上がることになるので、穴の空いた靴下を履いていかないように要注意……ってそんなの私だけですかね\(^o^)/

 

ある程度の拝観者が集まったところで扉が閉められると、急に明かりが消えて真っ暗に。

えっ……?と戸惑っていると、「この闇は心の煩悩を表した闇……」的なありがたいアナウンスが。

そのあと明かりがついて、目の前の扉が開かれたと思ったら……
f:id:lizune:20190317001523j:image

まさかの近未来wwwww

えええええwww大仏様の中ってもっと厳かな感じだと思ってたのに\(^o^)/

 

さらに奥に進むと……
f:id:lizune:20190317001534j:image

クラブかな?(※クラブ行ったことないのでイメージで言っています

あまりにも思ってたんと違う感が強くてひとり笑いが止まらなくなる私氏。あとなんかすごいいい香りがした。蓮の花の香りなのだそう。

 

先に進んで階段を登ると、大仏様に関するさまざまな展示が。

大仏様が建てられていく過程の写真がたくさんあったんだけど……あれ?
f:id:lizune:20190317002009j:image

めっちゃクレーン使ってますね?ヾ(・д・` )

というのも、牛久大仏が完成したのは1992年のことなんですって。めっちゃ平成やん!どうりでこんな文明の利器が使われているわけだ\(^o^)/

でもよかった。これが奈良時代や鎌倉時代のものだったら私絶対「当時の人たち頭おかしい」って思っちゃうもん\(^o^)/

 

こちらが左手の鉄骨の模型だそう。内部機構はロマン!ガンプラだったらRG!(゚∀゚)(ガンプラ勢並の感想)

f:id:lizune:20190317002042j:image

 

非常にわかりやすい資料。
f:id:lizune:20190317002100j:image

 

こちらは足の親指の実寸。やや深爪気味?
f:id:lizune:20190317002645j:image

 

エレベーターで最上階の5階(お胸の辺り)まで上がると展望台になっていて、天気のいい日はスカイツリーなんかも見えるそうな。あいにく私が行った日は見えなかった。

他にも歴史や宗教的な展示物があったり(こういうところに浅学が出る)、グッズ売り場や願生文を書くスペースがあったり。

 

3階はキラキラ輝く金ピカゾーン。お寺でいう本堂にあたるのかな。

全てのスペースに金色の小さい仏像が埋まっている。これがぐるりと一周。さすがに圧巻……!
f:id:lizune:20190317002326j:image

 

英雄王もびっくりの金ピカ具合!(Fateファン並の感想)
f:id:lizune:20190317002314j:image

 

2階では写経体験ができるようになっていた。せっかくなので私もやってみることに。

f:id:lizune:20190317002216j:image

 

上手でしょう。なぞり書きだからね(ノ∀`)

f:id:lizune:20190317002230j:image

書いたものはその場にある箱に収めるようになっているんだけど、仏様に預けるものとはいえ普通に外から丸見えだから個人情報を書くのはちょっと抵抗が……ってことで日付とお名前だけ書きました(´・ω・`)

 

写経を終えて階段を降りたらすぐ出口。

いやー……なんというか、牛久大仏は異世界でした……( ˘ω˘ )

 

牛久大仏の周り

牛久大仏の外には小動物公園が併設されていて、うさぎやらリスやらヤギやらがいらした。えさやり体験もできるみたい。

 

仲良しうさちゃん(´ー`*)♡
f:id:lizune:20190317002429j:image

 

撃たれたの?って勢いで急に倒れ込んで寝始めた子。かわいいww
f:id:lizune:20190317002442j:image

 

こちらはひつじさんでしょうか。もっこもこしとる。
f:id:lizune:20190317002503j:image

 

関係ないけどレトロな公衆電話があった。非常に味わい深い( ˘ω˘ )
f:id:lizune:20190317003933j:image

 

大仏様の周辺は素敵な庭園になっていて、春や秋には一面お花畑になるんだそうな。3月半ばだとまだちょっと早かった。

こういう景色本当に好き。癒される(*´ ˘ `*)
f:id:lizune:20190317003917j:image

 

お花はぬい撮りが非常に映えるので素晴らしい。
f:id:lizune:20190317002536j:image

 

梅はちょうどシーズンだった。茨城といえば梅のイメージがある。
f:id:lizune:20190317002546j:image


f:id:lizune:20190317004414j:image

 

出口にはちょっとした仲見世もあってお土産が売っていたりした。

ソフトクリームや今川焼きのお店も開いていたけど店員さんがいなかった。買えない。そんなフリーダムさもまた良いと思います( ˘ω˘ )

 

にしてもどこにでもあるなぁ!(感心)
f:id:lizune:20190317002611j:image

 

牛久お散歩~牛久シャトーへ

再びバスに揺られて牛久駅へ。

ところで、牛久駅⇔牛久大仏間のバス代が平日片道680円ってちょっとお高いよね。バス代は地方に行くほど値段が上がるような気がする。物価とは。

 

さて、次の目的地「牛久シャトー」に向かってお散歩がてらふらふら。

知らない街のお散歩ってそれだけで楽しいよね。大通り沿いに飲食店が集まってるのが地方都市感あるなーとか、野菜の即売所なんてのがあるんだなーとか、筑波銀行は三丁目のタマとタイアップしてるんだなーとか。

あとマンホールがかっぱだった。牛久にはかっぱがいるの……?(。・ω・。)
f:id:lizune:20190317002720j:image

 

若干道に迷いつつもたどり着きました牛久シャトー
f:id:lizune:20190317002739j:image

綺麗でしょう。外国みたいでしょう。ディ○ニーランドみたいでしょう。

これはさぞや人気スポットなのでは……と思うんだけど、人がひとりもいなかった。

というのも、こちらにあったレストランや販売所といったほとんどの施設が2018年末で閉鎖されてしまったとのこと。なんともったいない……!><

 

牛久シャトーとは、明治時代に日本で初めて作られたワインの醸造場なのですね。

当時の施設や道具、パッケージなどが見られる博物館のようになっていました。
f:id:lizune:20190317002822j:image

f:id:lizune:20190317002751j:plain

f:id:lizune:20190317002912j:image

 

なんでも、神谷傳兵衛さんという実業家の方が体調不良のときにワインを飲んだらたちまち良くなったらしく、「ワインの素晴らしさを皆に広めたい……でも輸入ものもワインはあまりに高すぎる……こうなったら自分が醸造場を作るほかあるまい……!」と立ち上がったのだそうな。やはり酒は百薬の長!(`・ω・´)(アル中定番の言い訳)
f:id:lizune:20190317002854j:image

 

そう考えると、私がいま家で安ワインを煽りながら夜を過ごせるのも神谷さんという方のおかげなわけだ。頭が上がらないなー……神谷さんありがとうございます(´;ω;`)うちの冷蔵庫の野菜室は実質ちょっとしたワインセラーになっております……!

f:id:lizune:20190317002903j:image

地下に行く階段の雰囲気が良かった。地下は真っ暗で怖かったです(´;ω;`)
f:id:lizune:20190317002941j:image

 

にしても……あまり詳しくないから知ったことは言えないけど、こちらって歴史的にとても価値のある場所なんじゃないのかなぁ。建物にしても展示物にしても貴重なものだと思うんだけれども。

お庭なんかもとても綺麗に手入れされていたし、こんなにひっそりとさせておくにはあまりにももったいない気がしてしまって><

今なら所謂「なんとか映え」で集客アピールしていくことだってできそうなものだけど、そう上手くはいかないのかなぁ……(´・ω・`)

 

こちらもお花がとても綺麗でした。すっかり茨城はお花が綺麗なところという印象になった!

f:id:lizune:20190317004459j:plain

 

茨城名物?爆弾ハンバーグ

牛久シャトーを見ている頃、ちょうど知人と連絡していて「いま茨城県にいるのだけれど」という話をしたら「茨城といえば爆弾ハンバーグが有名だよね!」という情報をいただきまして。

爆弾ハンバーグ……?(。・ω・。)

 

調べてみたらどうやら隣駅にあるようなので行ってみることに。

ひたち野うしく駅から徒歩10分。近くにワンダーグーやカワチ薬品があって茨城ダナーーーと思った。

 

訪れたのはフライングガーデンというお店。

www.fgarden.co.jp

 

入った感じは普通のファミレス。よくわからないからとりあえず「一番人気!」って書いてある一番普通っぽいハンバーグを頼んでみる。

そしたら店員さんがなんか凶器みたいなものを持ってきてくれた。私が先端恐怖症だったら泣いてるところ。なにこれ、これで食べるの……?:(´◦ω◦`):
f:id:lizune:20190317003004j:image

あと紙のランチョンマットを置いて「折ってお待ちください」的なことをさらっと言われたんだけど、そのような文化に触れたことがなかったから咄嗟に何を言ってるのかわからなかった。

なんでも油が服に跳ねないように、折った紙を立ててガードするものらしい。これで武器と盾が揃ってしまった……(´・ω・`)

 

こういう文化もあるのかとそわそわしていたらハンバーグが運ばれてきた。

丸いハンバーグを、店員さんが先ほどの凶器を使って目の前で切ってくれるというシステムだった模様。ものすごく手際よくスパッと切ってくれるものだから圧倒される。

なるほどなーと感心してしまった。これもひとつのエンターテイメントだったのかと。ただ食べるだけじゃなくてパフォーマンスを仕込んでくるとは。料理とは魅せ方なのかもしれない。勉強になります。
f:id:lizune:20190317003017j:image

あっハンバーグおいしかったです(うっすい感想) 

 

帰還&まとめ

食事を終えて外に出たらもう日が暮れかけていた。帰ろう。

駅に向かい、信号を待ちつつ隣のショッピング施設の看板を眺めていたら「スターバックス ドライブスルー」と書いてあって、これが車生活圏の文化なのかとしみじみ( ˘ω˘ )

 

そういえばお土産買ってなかったなーと思って駅のキヨスクを覗いたけど、普通のコンビニにあるものしか置いてなかった。そっか、ここはお土産を買うような街ではないんだね\(^o^)/

諦めてそそくさと常磐線に乗りました。お疲れぽょちゃん♡

f:id:lizune:20190317003038j:plain

上野駅に着くとまさに華金を迎えたスーツ姿の人たちがたくさんいて、ちょっとした旅から戻ってきた自分がなんだか不思議に思えたりしました。

 

牛久の旅、楽しかった!なんといっても牛久大仏はんぱない!\(^o^)/

また違う季節とかにもお邪魔してみたいなーと思いました( * ॑˘ ॑* )⁾⁾