りずろぐ。

ぬるくやわらかく

世界は憂鬱でできている説

 

朝の通勤電車はどんよりに満ちている(´°‐°`)

そりゃそーだ。満員電車なんて乗ってて気分がいいものじゃないし。

朝から疲れきったように眠ってるサラリーマンも、おこなの?っていう勢いでタックルしてくるご婦人も、サンダルでむき出しの爪先を踏まれて声にならない悲鳴をあげる私も、みんなどんより。

 

これは私の特に根拠の無い予想だけど、朝の電車に乗ってる人の8割は「仕事行きたくないなー」って思ってると思う。

 

 

 

 

ブログを見ても、ツイッターを見ても、たくさんの人が「お仕事行きたくないんごー」的なこと言ってる。

逆に仕事したくてしたくてたまらないと思いながら働いてる人ってどのくらいいるんだって話。

 

あとさ、私もブログを始めてからいろんな人のブログにお邪魔することが増えたけど、仕事でメンタル病んだ人多すぎない?

私の友達にも仕事がつらくて鬱になっちゃった子とか、吐血してぶっ倒れた子とか、今まさに頑張りすぎてて「おほしさまきれい……」みたいになってる子とかいるけど、若い人に限らず、それなりにベテランの会社員の方でも病んで退職された方が少なくないんだなーって。

やっぱ仕事って害悪だわ。

 

 

東京の街中で働いてると行き帰りには本当にたくさんの人とすれ違うけど、その中の大勢が「働きたくない……」とか「疲れた……もう無理……」とか思ってるんだろうね。

みんな無表情で淡々と歩いてるように見えるし、傍から見たら私もきっとその一人なんだろうけど、それぞれ思うところはあるよねー絶対。

それでも私はまだ明るいうちに帰れるだけマシで、中には終電までとか夜通しとかで働いてる人もいるわけで。

仕事って何だ……人生って何だ……!

 

 

ぁ、あと、ネットでよく「つらくて電車で泣いちゃった」みたいなこと書いてる人いるじゃない?

でも私、電車で泣いてる人見たことない。

もしかして、本当に電車で泣いた経験があるのって私だけなのでは?みたいな気がしてる(昔のことだよ!)

 

 

けどあれだよね、仕事に行きたくない人と同じくらい、学校に行きたくない人もいるよね。

かくいう私も小学生の頃から「学校行きたくない学校に隕石落ちろ」とか思いながら学校通ってたもんなー。

 

ってことはあれか。

学校という場所は仕事に行きたくない教師と、学校に行きたくない子供で成立ってる場所ということか……なんという歪な社会!><

 

 

なんかねー、もっと仕事というものが気楽なものならいいんだけどねー。

みんなの「仕事したくない」という思いの上に出来上がったのが今の便利な世の中だと思うと、なんだかねー。

 

仕事をせずに生きられたら世の中のストレスは大幅に減ると思うんだけど、日頃の生活における安心や安全、快適、楽しさその他諸々の全てが誰かの仕事の上で成立ってるわけで、みんなが仕事をしなくなっちゃったら絶対困るもんね。難しいよね><

 

はっ……そのためのAIというわけか……!(今気付いた)

 

 

「世界は誰かの仕事でできている」なんてキャッチフレーズがあったけど、それすなわち「世界はみんなの仕事に行きたくない憂鬱な気持ちでできている」ってことよね。

ということは世の中は憂鬱で出来ているようなもんだーーー。

 

 

まあでもあれよね。世界にはもっと過酷な、日々生命の危機と隣り合わせな場所とかだってあるのよね。

そういう所の人からしたら「平和な国に生まれただけでリセマラ終了レベルのラッキーでしょうが!」って思うのかね。

だから「世界は」なんて言ったら「主語がでかい警察」の人に怒られるー><

 

 

だんだん支離が滅裂してきた\(∵)/

大脳が壊れる前になんとかしなくては\(∵)/

 

 

まあいろいろとくだを巻いておりますけど、つまるところ働きたくないでござるってだけの話です。

別に深刻に悩むほどつらいことがあるわけじゃないんだけどね。ただただしんどいだけで。あと最近オフィスの空調が効きすぎてて体力を奪われるのがつらみ。

今週も折り返したことだし、無事に乗り切っていきたいものだねーーー。

 

 

そんなことよりあんみつ食べたい!