りずろぐ。

ぬるくやわらかく

今思うと「ピカチュウげんきでちゅう」っていうゲームは本当にすごかったよね

 

「あー、あったねー」って言ってくれる人は同世代な気がする( *´艸`)

 

「ピカチュウげんきでちゅう」というのは、1998年にNINTENDO64で発売されたポケモンのゲームでございます。

「ピカチュウげんきでちゅう」の画像検索結果

 

ゲームの内容としては、毎日ピカチュウといろんな遊び(釣りとか、宝探しとか、食材集めとか)をしながら、ただひたすらにピカチュウとの親睦を深めていくというだけのものなのだけれども。

何がすごいって、ピカチュウとしゃべれるのよ。

 

 

ピカチュウとしゃべれるのよ!?

 

※大事なことなので2回言いました。

 

 

画面の中の生き物と会話できるって、普通に考えてヤバいことでしょ><

参考までに言うと、iPhoneにSiriが搭載されたのが2012年。「ピカチュウげんきでちゅう」の発売は1998年……いやいやいや、任天堂さん未来に生きすぎでしょ((((;゚Д゚)))))))

 

 

でも、このゲームのすごいところはそれだけじゃない。

なんてったってピカチュウがめちゃくちゃかわいいの(*´ω`*)♡

 

名前を呼んだら走ってきてくれるし……♡

 ピカチュウが来てくれた!

 

おいしいものを食べたらお目目をきらきらさせて喜ぶし……♡

すてきっ

 

他のポケモンとコミュニケーションを取ってたりするし……♡

 出てくるのはピカチュウだけ?

 

本当にもうずっと見ていたいくらいかわいいの(*´д`*)

個人的に好きなのは、朝起きたらベッドにいたはずのピカチュウが窓際やら座布団やらで寝てるとき♡ランダム発生だと思うんだけどなんかかわいい♡

当時の私がどれだけピカチュウと一緒に暮らしたいと願ったことか……!><(なお今でも願っている模様)

 

 

そんな非常に癒し度の高いゲームではあるんだけど、ゲームとしてはちょっとストレスが溜まる部分もあって。

まずね、基本的にピカチュウは言うことを聞いてくれない(ノ∀`)

自分の行動に夢中で話を聞いてくれなかったり、こちらが何か言う前に勝手なことをしちゃったり……あととりあえず何でも食べちゃう。お花とか。

 

でもね、当時の私は「えーーーなんでーーー><」って思ってたけど、今思えばそれはこちらが間違ってた。

そもそも前提として、このゲームの主人公はあくまでピカチュウなのよね。プレイヤーはそれを見守ったり、ちょっとだけお手伝いさせてもらったりするだけで。

自分の意のままにピカチュウを操ろうとすること自体が傲慢というもの……(`・ω・´)

 

設定としても、「このピカチュウはまだ小さくて物の分別があんまりついてないから、君が一人前のピカチュウに育ててあげるのじゃ」的な感じでオーキド博士から頼まれるって話だからね!

「オーキド博士」の画像検索結果

 

 

……そう、でさ、こんな感じで毎日楽しくピカチュウと生活しててさ。ずっとこんな日々が続くんだなーって思うじゃない?

そしたらね、ある日オーキド博士から連絡が来るのよ。

「そのピカチュウはもう一人前だから、森に帰してあげなさい」って。

 

……信じられなくない?

ここまでピカチュウとの関係を築いて、すっかり仲良しになってからそういうこと言うんだよ?残酷すぎるでしょ……(´°‐°`)

「さあ、ピカチュウに向かってさようならと言うのじゃ」って……言えるわけないじゃない!ピカチュウだって泣いてるんだよ!?(´;ω;`)

 

「さようなら」って言うとエンディングになって、結局森に帰ってからも主人公のところに来てくれるっていういい感じな体で終わるんだけど……それでもオーキド博士のことは絶対に許さない。今の私だったら「ピカチュウ、オーキドに向かって10万ボルトだ」くらいは言ってる。

 「ピカチュウ 攻撃」の画像検索結果

 

だいたいそれだけじゃなく、オーキド博士は空気読めないのよ!><

ピカチュウと釣りに勤しんでるときとかも、ピカチュウが今まさに釣り上げようと頑張ってるときに「そろそろ帰る時間じゃよー」とか言って強制終了かけてきやがるし!ふざけるなよオーキドユキナリ!><

 

そんな感じで、「ピカチュウげんきでちゅう」はピカチュウのことが大好きになると同時に、オーキド博士のことが大っ嫌いになるゲームでもある(ノ∀`)

 

またやりたいけどねー。マイクを使うっていう特性上バーチャルコンソールでも配信されないし、難しいよねー( ˘ω˘ )

一応Amazonでは売ってるみたいだけど……

 

 

そうそう、ゲーム中でピカチュウがバタフリーさんに代わってキャタピーの子守をするイベントがあって、一生懸命お世話をするピカチュウがとってもかわいいんだけどさ。

世の中にはこういうブログを書いてる人もいるから、世の中って怖いなーって思います(´・_・`)ドン引きだわ(´・_・`)

 

ぁ、あとこの記事中の画像は「ピカチュウげんきでちゅう」の公式サイトからお借りしてきてるんだけど、その公式サイトがまたいい感じで時代を感じるデザインなので、よかったら見てみてね(´∩ω∩`)

https://www.nintendo.co.jp/n01/n64/software/nus_p_npgj/index.html