りずろぐ。

ぬるくやわらかく

「カワイイを作る」とは即ち、鎧であり甲冑であり……

 

直近で買ったお洋服はユニクロのエアリズム。初音です。

初めて着たけどびっくりしたよ!こんなに着心地がいいものだったなんて!

 

f:id:lizune:20170505223412p:plain

 

 

先日、マルイ某店に行ったときのこと。

化粧品屋さんで、小学生の女の子が背伸びをしながら、一生懸命ファンデーションを塗っててさ。

咄嗟に「そんな桃のようなほっぺたに毛穴カバー力とか要らんでしょ!逆に荒れるからやめなさいやめなさい!」って思ったんだけども。

 

でも、そうやって大人のマネをして、きれいになりたいお年頃なんでしょうね。

「きれいになりたい」っていう乙女心は、例え小さな女の子であっても尊重しなきゃいけないなーと思ったのでありんす。

 

それに、そうやって頑張ってる姿がいじらしくてかわいい♡良き良き♡

 

 

 

でもさー、「きれいになる」というか、「着飾る」というか、そういうのって大体が合理的ではなくて、窮屈なものだよね><

 

高いヒールは歩きにくいし。

伸ばした爪は不便だし。

長い髪は洗うのも乾かすのも時間がかかるし。

着物を着れば帯は苦しく、ドレスを着ればコルセットが苦しい。

 

それでもやっぱり着飾ることをやめられないのは、おしゃれというのは女性にとっての武装なんじゃないかなーと思うのです。

 

フリーイラスト, ベクトルデータ, AI, 人物, 男性, 人物(シルエット), 侍(武士), 武器, 刀剣, 日本刀, 甲冑, 全身,

 

別になにかと戦うというわけではなくてね!

ただ、ほら、何の装備もない状態で戦地に立つのはあまりにも不安じゃない><

だから、「ちゃんと装備は整ってる」っていう安心と自信を得るために、外に出るときは着飾るのかなーって思って。

 

服でもメイクでも髪型でも、「自分のなりたい自分」に近づけてたら、それだけで少しは自信が持てるものね!

 

かくいう私も、すっぴんで出歩くときは非常に弱る。

マスクを……マスクをくだし……><

 

 

たまに「ネイルアートなんかしたってモテないし、大体の男性は嫌いだよ」的なことを言う方もいらっしゃいますけれども。

あれこそ自己満足の世界だよね!モテるためにやってる人なんて少数派だと思うよ><

 

自分の手って何をしてても視界に入るものだもの、かわいいものが毎回視界に入ってきたらそりゃーテンション上がるわ!

それに、「かわいい爪に似合うように」と手の所作に気をつけたりもするもんね!

 

 

 

 

「かわいいは作れる!」とはよく言ったものだけど、かわいいを作るための努力ってのは本当に大変なものだよね。手間もお金もかかるし……

っていうか、どんなかわいい子だって、その裏には絶対にいろんな努力があるわけで……

 

「きれいになりたい」というすべての乙女心を、非常に愛らしく思うのです!