読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りずろぐ。

ぬるくやわらかく

剣道部なんてろくなもんじゃない。魔境だよ魔境。

  

中学生の頃、剣道部に入ってましたの。

 

なんでこの超絶運動音痴がやったこともない剣道に手を出してしまったかというと、長いものを振り回すことはかっこいいことだと思っていたから。

12歳の頃から厨二病だったし、ぶっちゃけまだ治ってない。今でもエレベーターのボタンを押すときに「牙突」とかやってる(26歳)

 

f:id:lizune:20170425195851j:plain

 

何故か私の代は剣道部が人気で、15人くらいが入部したかな(野球部より多かった)。

メンバーもかなり多彩で、成績が学年トップの子も最下位の子も所属しているというバリエーションの広さ。

 

しかしながら、そのうち女子は私を含めて二人だけ。

しかももう一人は割とすぐに辞めてしまった。

そんな中で、私は紅一点としてみんなから特別扱いを……なんてことは全くなく、男子ルールの下で孤独な戦いを強いられることとなったのです。かなしみ。

 

ちなみに、多彩なのは部員だけではなくてね。

なんとびっくり、コーチが校長先生。確か6段とか持ってるらしい。

顧問は一応数学の先生なんだけど、この先生が授業に関すること以外は一切しゃべらない(雑談やたわいもない質問にも一切応じない)っていうガチめのコミュ障だったので、当然部活に顔を出すこともなく……校長先生がすべての指導をしてくれてた。

 

 

ただただ「かっこいい」って理由だけで入部してしまった剣道部。

とにかく稽古がきつくて、即座に入ったことを後悔した><

 

それまで何も運動とかをしてこなくて、「お箸より重いものは持ったことがないの♡」の精神で生きてきた私は、初日の夜はマジでお箸が持てなかった

めっちゃ手がぷるぷるするの><感覚とかなくなる><

あと大声を出しすぎて声が出なくなったりもしたな……

 

 

まあ運動部はどれもきついと思うし、その部活特有の大変さってのもあると思うんだけど、剣道部もなかなかしんどかったよ。

 

まず、剣道部の朝は早い。

土日でも稽古開始が朝の6時とか、朝に弱い私は本当にどうかしてるんじゃないかと思ってた。

 

もうね、冬とかめちゃくちゃ寒いの。

地元は雪国だから特にね。体育館の床を裸足で歩くだけで冷える冷える><

それなのに校長先生ったら、「今から裸足で雪の上を歩け!」とか言うんですよ。はあ?ですよ。

で、ひいひい言いながら裸足で雪の上を歩いて、やっとこさ体育館に戻ってきたら「これでもう足が冷たくないだろう!これ以上冷たいものはないんだから!わはは!」とか言ってんの。

ふつうに冷たいんすけど。

 

冬もつらいけど、夏もつらいのが剣道部。

あの防具めちゃくちゃ暑いのよ……。しかも面をつけちゃうともう顔の汗を拭うこともできないから、あの中で文字通りみたいになってる。

 

f:id:lizune:20170425203634j:plain

 

それだけの汗をかくし、ましてや部員はほぼ男の子だしで、稽古の後の部室は毎度軽く異臭騒動なわけ。

そんなことは乙女としては一大事だから私はいつも全身にエイトフォーを浴びてたんだけど、そんな私を他所に男の子たちは誰の防具が一番臭いかで盛り上がってた。中学生って基本アホだよね。

 

 

あと、やっぱりケガは多い。

武道だからどうしてもどこかしらは痛くなるものだし、小手を打ったり打たれたりするから手首には常に痣ができてるし、下手な奴(私とかね!)は防具から外れたところを打ってくるし、足の裏は皮が剥けて血が出るまでべろんべろんになるし。

 

私が一番嫌いだったのが、かかり稽古ってやつ。

構えてるコーチに向かってひたすら打ち込んでいくものなんだけど、スピードが遅かったりすると容赦なく後ろから突き飛ばされるの。

転ぶのがデフォだし、ひどいときは吹っ飛ぶ。これが怖いわ痛いわ情けないわ……

おかげさまで今でも膝にこのときの痣が残ってるよ><つらみ><

 

 

そんなこんなで、今なら確実に剣道部なんか軽い気持ちで入るんじゃない!って言えるけど、まあ面白いことも少しはあったよ。

 

さっきも言ったとおり、如何せん部員にアホ、もとい愉快な人たちが多かったからね。

パンツ一丁に袴をマントにして走り回ってる奴とか、竹刀を振り回しながら「無双乱舞!」って言ってる奴とか、勝手に他の学校の子をスカウトしてきちゃう奴とか……

かくいう私も彼らと一緒にデコピン最強決定戦とかやってたし。本当にアホ。

 

かたや優等生組はひっそりとBLの波動を出していました。

強気受け(哲学)

 

 

これだけ男子率が高い環境においても甘酸っぱいエピソードがひとつもない点については、お察しください。

件のパンツに袴マント少年から「お前ももう少し性格がよければ付き合ってやってもいいんだけどなー」って言われたことくらいですかね。

「頼んでねーよ」って言ったら「そういうとこだよ」って言われました。理不尽!><

 

 

こんな話ももう10年以上前の出来事だなんてねー。

みんなが今どこで何をしてるのかもわからないけど、どこかで幸せに暮らしてるといいね。

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

 

 

 

ちなみに。

高校では軽音部に入ったの。

が、しかし、夏がくる前に廃部になったの。

吹奏楽部様のご演奏の妨げになるから、お前らは音を出すんじゃないって。

 

「上等じゃないか。どっちが本当のイイ音楽か、見せてやるよ」

そうして私はロッカーへの道を歩き始めたのです。

 

(続かない)

 

 

 

 

 

 

 

 

今週のお題「部活動」