りずろぐ。

ぬるくやわらかく

「ブログは稼げる」という風潮に異議を申したい

 

いつも見てるブロガーさんがこちらの記事に言及されていて、私も気になったのでちょっと書かせてもらおうかなーと思う次第!

 

blogos.com

 

私自身はブログに収益を求めているわけではないので、この大学生については正直対岸の火事くらいにしか思ってないです。

というか、昨今の「ブログで稼ごう」っていう風潮についてはいろいろ思うところがあってね。

いつかそれについて書きたいとは思いつつも、読んだら少なからず不快に感じる人がいるだろうから控えてたんだけど、自分のブログなのに自分の好きなように書かずしてどうする!って気もするので今日は書きます。

 

f:id:lizune:20170323234516j:plain

 

最初に言っておくけど、別にブログでお金を稼いでる人・稼ごうとしてる人を否定するつもりはまったくないよ!

 

 

 

 

そもそもブログは稼げるの?

私いまだによくわかってないんだけど、ブログにお金を発生させる仕組みとしては、

Amazonとかの商品を貼り付けて購入してもらう

・Huluみたいなサービスのリンクを貼り付けて申し込みしてもらう

Googleアドセンスの広告を記事に挟んで踏んでもらう

っていうのが主でいいのかな?

 

だとしたら……これ、本当に儲かるの?

まあブログに人気が出れば多少は見込めるかもしれないけど、生計を立てるってことは数十万は稼げなきゃいけないわけでしょ?

無理じゃない?

 

わかるわかる、実際に稼いでる人はいるのよね。でも、そんなの少数でしょ?

そういう人たちは声が大きいから大勢が稼いでるように見えるし、だからこそ自分でもできるんじゃ……って思っちゃうのかもしれないけどさ。

そんなにたくさんの人が月に何十万も稼いでたら、広告費を払う側がゲロ吐いちゃうからね!

 

それに、このやり方って言葉は悪いけど、情弱を引っ掛けて儲けてるわけじゃない。

それ自体は商売の基本だから悪いとは思わないけど、これだけブログで儲けるための情報が公開されてる今、これからもこの方法が通用するとは思えないのよね。むしろターゲットだった情弱たちが嫌儲の民と化して返り討ちに遭いそう。

 

 

ブログはお金を稼ぐためのものではない

ブログを運営するにあたってのコツについて、本当にたくさんの人が記事を書いてるよね。

私もいろんな記事を参考にさせてもらってるし、すごい助かってる!

ただ、そういったノウハウ系の記事の多くが、PVを集める=収益として書いてあるのにはちょっと閉口しちゃう。

いつからブログはお金を稼ぐ手段になったんですか?

 

ブログなんて有名人のものでもない限り、所詮日記じゃない。

それを「こういう風に書かないとPVは集まりませんよー、=お金になりませんよー」っていうのは違うと思うのよ。

 

 

ブログを仕事にするのはつらいと思う

ブログを使ったビジネス自体は否定しないよ!でも、それだったら完全に「儲ける」ってところに気持ちを置かないと難しいよね。

だって好きで楽しく書いてるものを商売道具にしちゃったら、絶対つらいじゃない。

お金が、生活が掛かってるんだもん、書きたくなくても書かなきゃいけないでしょ。やめたくてもやめられないでしょ。

ブログって少なからず自分自身のマインドが反映されるものじゃない。言うなれば、自分の内面を切り売りしてるようなもの。時には弱い部分も出ちゃう。

しかもブログは基本的に自分一人でやるものだから、誰かがフォローしてくれるわけじゃないし。

それを商売道具にするっていうのは、結構なメンタルの強さが必要だと思うけどなー。

 

そして記事の中にもあるとおり、リスクは大きいと思う。

ブログ畑をせっせと耕す。その手間暇をかけても儲かるかどうかはお天道様次第って、個人的には怖くて付き合っていけない。

 っていうの、「マジでな!」って思うわ。

そんな恐怖に怯えるくらいなら、クラウドワークスあたりで執筆を請け負った方が確実で良い気がするのだけれど。

あとはまあ、ブログ一本で食べていこうっていうのはもうそれだけで危険だよね。収入先は複数持っておくべき。

 

 

ブログで成功してる人は、たぶん別の分野でも成功する

そんな気がする。

記事内で言及されてる大学生もそうだと思うけど、そういう人って嗅覚がいいんでしょうね。

儲かるのでは?と思う分野を見つけられること。そして実際に飛び込んでみる勇気があること。

この二つの才能があれば、別にブログに限らずとも成功する可能性は大きいんじゃないかな。

ちなみに私はそういう嗅覚はまるでないし、勇気はもっとないタイプです。つらみ。

ブログで成功するには、文章力よりもカリスマ性の方が大事な気がするよ!

 

 

それでも、ブログに意義はある

ここでは 「お金に繋げる行為」としての意義ね!

 

例えば……毎日書いてたブログがどこかの偉い人に見初められて、本を出版させてもらったり、記事の執筆依頼が来たり、雑誌とかのコラムを任せてもらったり……なんてことがあるかもしれないし。

これもだいぶ夢見がちだとは思うけど、私はアフィリエイトでがっつり儲けることよりもこちらの方が想像しやすいけどなー。

 

それにブログで知名度が上がれば、良くも悪くも影響力を持てるからね。

ここで自分のファンをつけられれば、もしこれから何か新しいことをしようとしたときに、その人たちがきっと後押ししてくれることでしょう。

何であれ、自分の意見を発信するという行為は必要なことだと思うよ!

 

ブログが直接お金を生んではくれなかったとしても、何かのきっかけになることはあると思うのよね!

 

 

まとめ

私は「ブログで収益を得る」っていう風潮に懐疑的だから、全体的にちょっと尖った言い方をしちゃってるよね。

でもねー、正直うらやましいの。「ブログで生計を立てたい」って言えることが。

だって自分の文章がお金になるっていう確固たる自信を持ってるってことでしょ?

それに、お金っていう具体的な目標がある人は強いよ。お金にこだわる人はそれだけ努力するし、根性もある。

「お金がモチベーション」って言える人がうらやましい><そんな人に私みたいな「まあ楽しければいいよね~」とか言ってるぼんやり星人が敵うわけないもん。

 

あとはこう、お若い方々がやれノマドワーカーだのフリーランスだのっていうのに憧れるのは、一般の社会人の評判が悪すぎるせいでしょうね。評判っていうか実際いろいろ悪すぎるんでしょうけど。

社会全体がそのへんをなんとかしないといけないんじゃないですかねー、まあ社会的な話はむづかしくてわかんないからまるっと全部ぶん投げて終わりっ!