読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りずろぐ。

ぬるくやわらかく

就活?面接なんてドヤ顔さえしてれば内容なんてなんでもいいんだよ!って話

 

今日から就活解禁らしいですね。

2018年卒の皆さん、頑張ってください!

 

就活が始まったばかりの頃は「はい書類選考通過ーwww就活とか余裕じゃんwww」とか、「就活っていろんな企業が見られるから楽しい♪」とか言って浮かれてるかもしれませんが、数ヵ月後には普通に死にたくなってると思うので安心して今のうちに楽しんでくださいね♡

 

 

さて。

今日は付けっぱなしのテレビが国会中継を流し始めたので、なんとなくBGM代わりに聞いていました。

完全に流し聞きだし、そもそもそんなに政治に詳しくないから、内容はあまり気に留めてなかったんだけど、ふと気づいたことがあって。

それは「どんな内容でも自信満々に言えば正しく聞こえる」ってこと。

 

何の話をしているのかはわからなくても、とにかく力強く話して、語尾に「~と断言できます!」とか「~であることに間違いありません!」って言うと、これだけ言うならそうなんだろうな、この人が正しいんだろうなって気がしちゃうの。

 逆に、どんな内容であれ声が小さかったり、「~だと思います……」とか言ってたりすると、本当に信用できるのかな?って思っちゃう。

 

「話す内容より話し方の方が重要」なんていうのは一億年と二千年前から言われてることだけど、改めて本当にそうだなーと。

 

奇しくも今日が就活解禁日ということで、就活生の皆さんもぜひ、とりあえずめっちゃ自信あります顔して面接に挑んでみたらいいんじゃないでしょうか。

「学生時代に頑張ったことは自宅警備です!!」とか言ってもきっと受かるんで誰かやってみてください。

 

 

かくいう私は面接で相当苦戦したけどね……

面接で一番手応えがあったのが、第一志望の出版会社だった。

集団面接で4人ずつ呼ばれるんだけど、面接官は6人くらい並んでて、その中の一人がめっちゃ不機嫌そうなの。誰が何を話しても顔すら上げてくれないの。超感じ悪いんですけどって感じ。

 

で、まあ普通に志望動機だの自己PRだのを聞かれて、最後にされた質問が、「あなたの好きなアニメなどのキャラクターについて、その魅力を語ってください」って。

まさかそんな質問の回答なんて用意してないじゃない。めっちゃ焦る。私の前の人なんてしどろもどろになっちゃってて可哀想なくらいだった。

 

それで私の番が来て……語ったよ、惣流・アスカ・ラングレーちゃんの魅力。

f:id:lizune:20170301195101j:plain

これがさ、一旦語りだしたら止まらなくなっちゃって。オタクって本当イヤね。

当時まだツンデレという言葉がなかった頃にこのキャラが生まれたということは~とか、エヴァに乗って戦うときの大胆さが~とか、マグマダイバーのアスカの可愛さは異常とか、とにかく語った。身振り手振りで。本当に気持ち悪かったと思う。

 

そしたら、例の絶対顔上げないマンがこっち見たの。んで、ちょっと笑ったの。

来たと思ったね。あっこれオーディエンス沸かせちゃったわって。

他の面接官も笑ってた。他の就活生はちょっと引いてたかもしれない。

 

帰りの電車に揺られながら、ちょっと調子乗ったかなぁ……私ってほんとバカ……なんて思ってたけど、後日選考通過の連絡がきました。嬉しかったな。

まあその後のSPIで落ちたんだけどね!非言語問題ほんとにできない!

 

 

この時の私が面接を通ったのも、今思えばきっとアスカの可愛さに絶対的な自信を持っていたからでしょうね。

志望動機も、第一志望だけあって本心で言えたし。

他の面接がボロボロだったのも、普段の私は自信皆無ウジウジ卑屈星人だからに違いありません。

 

なんだか長くなってしまったけど、就活生の皆さんが少しでも良い結果を出せるように、ひっそりと願っております。

 

 

ところで、シン・エヴァンゲリオンっていつ公開するの?